花粉症・アレルギー

決まった季節、あるいは決まった場所で目のかゆみやゴロゴロ、涙、目やにという症状があれば、アレルギー性結膜炎かもしれません。

 

アレルギー性結膜炎の中でも花粉症、とりわけ春先に生じるスギ花粉症は、毎年非常に多数の方が発症します。

スギ花粉の時期以外にもアレルギー性結膜炎は日常的によく見られ、夏から秋にかけて花粉を飛散させるイネ科やキク科の植物・ハウスダストなども原因になります。

 

治療には抗アレルギー薬という点眼薬を用います。

症状が強い場合は、副腎皮質ステロイド薬も用いますが、緑内障などの副作用が現れることがあるので、使用にあたっては定期的な副作用チェックが必要です。

 

また、当院では、投薬の他に、指先からの採血で20分で結果が分かるアレルギーの検査を行っております。

 

測定できる原因物質は以下の8種類です。

花粉系:スギ・カモガヤ・ブタクサ・ヨモギ

ハウスダスト系:ヤケヒョウダニ・ゴキブリ・ネコ・イヌ

 

アレルギーの対策には原因物質を知ることが大切ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

  カテゴリ:診療内容 and tagged ,